人との差をつける資格

この様な経済状況になるとは誰が予想したでしょうか?一時はバブル経済全盛で日本経済が世界を牽引していました。しかしバブル経済も崩壊し日本経済も世界の表舞台ほとんど出てくることがなくなたように思えます。また一流企業に就職さえすれば、一生涯そこにいることができれば自身の生活はほぼ保障されていたものでしたが、リストラや企業破たんなどでそのような夢物語ももうすでに過去のものとなりつつあります。そのような中でも私たちは生きていかなければなりません。愛する家族や仲間を食べさせていかなければなりません。自分の人生の少し先など誰もわからない時代になっています。そのような時でも常に周りに元気を与えたり自分の才能や能力を使用して生活をしていく方法がいくつかあります。

世界で活躍する日本のスポーツ選手は、その中でも自分の才能や能力を生かして生活をしている例としてわかりやすいと思います。毎週スポーツ番組に出る選手としてヨーロッパで活躍しているサッカー選手やアメリカの舞台で自分の実力を発揮している野球選手、このほかにもゴルフやバレーボールそしてフォーミュラ1のレーシングのレーサーや格闘家など見ているだけでも私たちに元気と勇気を与えてくれます。その他のジャンルでも例えば音楽などでも現在海外で人気が出ている日本人アイドルやミュージックバンド、料理の分野においても世界的評価の高い日本料理家や西洋の料理家、日本を代表する文化であるアニメーションを世界に広めてくれる人々や作家、映画の世界などで活躍する監督さんや俳優の方々、面白いところでは大きな男たちと一緒に戦い何年もチャンピオンとして君臨するフードファイターとして活躍している人もいます。このような人は世界で沢山いる訳ではないので誰もが目指して獲得出来るものではないかもしれません。それでは多くの人が自分の才能や能力をもっともっと生かして生活をしていく方法なないでしょうか?そのような事を考える時に「資格」ということがよく頭に入ってきます。「資格」は自分自身の個性を象徴するもの手段の1つであり、他人と自分とに差をつける大きなものだと感じています。自分の能力ややりたいことに合わせて資格を取得することによって更に自分自身を高められるたけではなく、家族や友人そして会社や社会に貢献することができます。

ページの先頭へ

BOOKMARK

ページの先頭へ